htmlクラス受講6回目

まず、「floatを使ってWebサイトの作成をする」という宿題が出ていたので、そちらをチェックしてもらいました。今回の宿題は少し難しかったように思います。というのも、まず全体をfloatしてから、今度はfloat:leftした塊の中でまたfloatするというレイアウトだったからです。それぞれの塊ごとにスタイルシートで指示を出す必要があるため、divで括りclassを適用するのですが、それがいくつも出来るので混乱してしまいました。また同じ段落や見出しのタグでも、違うクラスに入っているとそれぞれ別の装飾になることが多いので、その場合は入っているクラスも含めて記述する必要があるということでした。やはり、全体の構造やタグの親子関係をよく考えながらコーディングをすることが大切なんだなと思いました。実際はもっと複雑なレイアウトが多いと思うので、きちんと体系立てて考えるようにしようと思います。

名称未設定-2a

それから、「文字を画像化した時のテクニック」について教えてもらいました。

このテクニックを使うと、デザイン性のある画像化した文字を使いながら、テキストの文字情報も共存させることができ、SEO対策ができるようになります。それには、background-imageを使うことと、もう一つはtext-indentを使うことがポイントとなります。まず先生の説明を受けながら一つ目を作り、その後自分でもう一つ作って知識を定着させました。

名称未設定-2b

その後は、先生からSEO(検索サイト最適化)についての詳しい説明を受けました。
検索サイトは検索結果の精度を向上させるため、日々システムをアップデートしているので、ある程度はその仕組みに合ったSEOの対策をとることが大切とのことでした。しかし結局は、「コンテンツを充実させること、「タイトルや詳細、タグの親子関係など最低限のルールを守ること、そして「マメに情報を更新すること、といった基本的な事柄を徹底することで、日々のシステムのアップデートにも戸惑うことはなく、きちんとユーザーからのアクセス(=評価)をいただけるんだということがわかりました。

宿題は、floatとtext-indentを使ったWebサイトの制作です。今回は先生から事前にヒントをいただきましたので、一人でも混乱せずに作れると思います。

Comments are closed.